「立って、その地を縦と横に歩き回りなさい。わたしがあなたに、その地を与えるのだから。」             (創世記1317節)

 

 祈りと行動のバランスをどのように考えたらよいのでしょうか。

「どうしても必要なことは一つです」 イエス様は、行いは大切、しかし何にもまして神の前に静まり、祈ることが大切だということを私たちに教えています。他にも詩篇4610節「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。」というみことばは、いろいろな声に翻弄され、不安になる私たちに、黙って静かに神に信頼することを教えます。さらに、詩篇127篇2節は、神様に信頼し委ねることの大切さを教えます。

アーメンに生きる しかし、それで終わりではありません。神は私たちの生涯を治めておられますが、私たちに成すべきこと、責任を残しておられます。私たちは祈りの中で約束を頂き、信じてアーメンと言います。アーメンと言ったら、信じた神の約束に、教えに生きるのです。    

二人の農夫がいました。二人とも雨が降るように神に祈りました。一人は雨が降るまで何もしませんでした。もう一人は、雨が降った後に作物がよく実るように、雨が降る前から土を耕しました。後者の農夫の姿、これこそ信仰に生きる姿です。


担当牧師 坂本 憲子