そうしてアブラハムは、その場所を、アドナイ・イルエと名づけた。今日でも、「【主】の山の上には備えがある」と言い伝えられている。

創世記2214


アブラハムの生涯の中でも最大の試練の時、それが創世記22章でしょう。その「まさか」の出来事の只中での彼の信仰を見て行きます。

従順 この出来事の初めと終わりの1節と11節に、神様の呼びかけと彼の応答が出てきます。この二つは見事に同じです。神に「アブラハム」と声をかけられ、それに対して彼は「はい。ここにおります。」と答えます。人生最大の苦難の初めと終わりに、彼はただ黙って神に従い通しました。それは忍耐を伴う従順でした。

希望 イサクは何かが変だと気付きます。いけにえはどこにあるのかと尋ねるのです。アブラハムは、「神が何とかして下さる」と答えます。何かよくわからない、しかしたとえイサクを失ったとしても、それで終わりではない、神が何か事を成して下さるだろうという希望でした。

信仰の深み このすべての出来事の後に、神様は「よくやった!」とアブラハムをほめて下さいます。

私たちの人生でも、主の山の上には備えがあることを信じたいと思います。


担当牧師 坂本憲子